網戸 掃除 マイクロファイバータオル

こんにちは、とりまるです!

 

網戸って普段からあまり掃除をしないので、いざやろうと手を付けよとしても億劫にならないですか?

でもふと汚れが気になったときに、

 

網戸のお悩み
  • 手軽に網戸の掃除がしたいけど汚れもしっかり落としたい!
  • でも何を使って網戸を掃除をしてよいのやら?
  • またどうやって網戸を掃除してよいのか分からない

 

ということはないでしょうか?

 

手軽に網戸の掃除がしたい時にとりまるがおすすめしているのはマイクロファイバータオルです。マイクロファイバータオルを濡らして拭くだけで網戸の掃除が簡単でき、なおかつ汚れもしっかりと落としてくれます!

 

数あるマイクロファイバータオルのなかでもとくにおすすめしているのは、コストコの人気商品でも知られる『カークランド マイクロファイバータオル』です。

 

網戸 掃除 マイクロファイバータオル

引用:Costco Japanより

 

このマイクロファイバータオルは洗車用として販売されていますが、とりまるも網戸の掃除や修理のときに愛用しています。クリーニング業者のような掃除を本業とされている方も愛用している人が多く信頼の厚い製品です。

 

今回は網戸の掃除におすすめの『カークランド マイクロファイバータオル』のご紹介です。

マイクロファイバータオルって何?

マイクロファイバータオルはとくに掃除用品というイメージが強いかもしれませんが、フェイスタオルやバスタオルのようなものもあれば、フリースやあったか毛布のような衣類や寝具にもマイクロファイバーが使われていることがあります。

 

じつは身近に多くマイクロファイバーって使われているんですね。

 

マイクロファイバーとは、ナイロンやポリエステルからできている合成繊維。
最大の特徴は、糸の細さです。
なんとその細さは8マイクロナノメートル――これは髪の毛の100分の1しかありません。
天然繊維では絹などが細く滑らかですが、マイクロファイバーはそれ以上の細さをもっています。

マイクロファイバーの特徴

マイクロファイバーの大きな特徴は2つあります。

 

  • 吸水性・速乾性がある
  • 汚れをしっかり落としてくれる

 

マイクロファイバーは細い繊維による毛細管現象によりしっかり水を吸い取ってくれる吸水性の高さと、すぐに乾いてくれるという速乾性の高さという特徴がまず挙げられます。

そして、水拭きでの汚れ落としはもちろん、空拭きでもしっかりとホコリをからめとってくれるので、水拭きのできない家具や家電の掃除にもよいですね。

 

洗車をされる方以外でも掃除用品として愛用される人が多いのも納得です。

タオルとクロスの違い

ちなみに余談ですが、身近にマイクロファイバー製品っていろいろあると思いますが、マイクロファイバータオルとマイクロファイバークロスの違いって気にならなかったでしょうか?

 

タオルは人を拭いたりするもので、クロスは物を磨いたり吹いたりするものという違いがあります。

 

ご紹介するカークランドのマイクロファイバータオルはタオルという表記ですが車などの物を拭く用ですね。

タオルかクロスかは今回はあまりお気になさらず、知識として知っておく程度でよいでしょう。

 

タオルは、人の肌に触れるものです!

素材は綿やマイクロファイバーなどが主流で、肌触りよく作られています。
〜中略〜
クロスは、言わば「ふきん」と同じ意味合いで、物を拭くものです!

素材はマイクロファイバーが主流で、実用性を重視しているため、
タオルに比べ繊維が非常に細かく出来ています。

カークランドのマイクロファイバータオルとは

カークランドのマイクロファイバータオルは『カークランドシグネチャー』というコストコのプライベートブランドから発売されているマイクロファイバータオルです。

 

パッケージを見ても分かるようにこのマイクロファイバータオルは洗車用のタオルとして使用されている方が多いですが、ご家庭の掃除用クロスとして使ってる方も多くいらっしゃるようです。

 

基本コストコでしか販売されていないはずですが、コストコ以外でも購入することが可能です。

コストコは年会費は4000円くらいかかっちゃいますので、タオルのためだけにコストコに入会できないという方は以下のリンクからもご購入できますよ。

 

※ただしコストコの会員の人は店舗で直接買うか、コストコのオンラインストアで購入されることをおすすめします。そちらのほうが安いので。

仕様

商品名カークランド マイクロファイバータオル
サイズ40.6cm×40.6cm
枚数36枚

網戸の掃除にカークランドのマイクロファイバータオルがおすすめな理由

マイクロファイバータオルっていろんなメーカーから発売されています。

 

とりまるもいろいろなマイクロファイバータオルを使って比べてきたわけではないので、もしかしたらもっと良いタオルがあるかもしれません。

 

でもたまたま使ったこのカークランドのマイクロファイバータオルは、網戸掃除はもちろん納品前の最後の拭き上げに使ったりと気に入ってずっと愛用しています。笑

濡らすだけで汚れがよく落ちる

マイクロファイバータオルの最初のおすすめポイントは濡れ拭きするだけで網戸の汚れが落ちてしまうことです。

 

網戸の汚れは土埃や花粉などが主になります。さすがに空拭きでは難しいですが、マイクロファイバータオルを濡らすことで細かな繊維が汚れをしっかりと落としてくれます。

 

最初は普通のタオル地の雑巾で掃除してみたこともあったのですが、普通のタオル地だと繊維が太いので、どうしても拭くときに網目に繊維が引っかかってしまいます。

繊維が引っかかると掃除しづらいですし、古くなった網戸だと下手すると破いてしまうこともあります。

 

カークランドのマイクロファイバータオルは繊維が細いので、網目に引っかからずにスーッと汚れを落としてくれます。

耐久性・吸水性がある

次のおすすめポイントとしては耐久性と吸水性のよさですね。

洗って何度も使え、すぐへたらずに何度も繰り返し使える点です。

 

とりまるは網戸サッシを水洗いしたあとの拭き取りに使うことも多く、水分をよく吸収してくれるのでとても作業がはかどります。

 

ギュッと水を絞るのにほどよい生地の厚さと、40cm四方の大きさは広げたり畳んだりするのにちょうどよく、すぐに作業に取りかかれる点もいいです。

コスパが良い

コストコオンラインショップの価格だと税込み2,380円で36枚入りというコスパのよさもおすすめポイントです。

 

たとえば網戸の掃除だと、汚れ落とし用と最後の仕上げの拭き取り用といった感じで用途を分けても1枚あたり約66円がと安いので遠慮なく思いっきり使えます

しかも使い捨てでなく丈夫で長持ちだから1枚を繰り返し使うことができます

 

洗車や網戸掃除以外にもご家庭内での使いみちがたくさんあるので、36枚入りは十分すぎるくらいの量じゃないでしょうか。

汚れがわかりやすい

マイクロファイバータオルは黄色ですが、使っていて一番汚れが取れたのが分かりやすい色だなと感じています。

 

取れた汚れがよく分かるのは網戸がきれいになってる実感もあり、嬉しいものです。笑

ハウスクリーニング業者の人もじつは使っている

洗車での使用を目的としたパッケージデザインになっていますが、ハウスクリーニング業者の方も使っている方が多いです。

 

汚れ落ちがよいことはもちろん、耐久性・吸水性のよさ、コスパがよいなどハウスクリーニングのプロが使うのも納得です。

 

プロも信頼して使っている方が多いのがこのマイクロファイバータオルのおすすめポイントでもありますね。

カークランドのマイクロファイバータオルのここが気になる

正直、不満な点はあまり思い浮かばないのですが、日々使っていて気になる点をお伝えします。

カークランドのマイクロファイバータオルの使用時はゴム手袋が必要

マイクロファイバーのよく汚れが落ちて吸水性が高いというメリットが場合によってはデメリットにもなります。

 

カークランドのマイクロファイバータオルはとても汚れをとってくれて、なおかつ吸水性が抜群なのですが、あまり素手では使わないほうがよいかなという印象です。

自分の場合ですが、マイクロファイバータオルは手の皮膚もすこし削ってるというか、油分も取られちゃっているという風に感じています。

これは人にもよって感想が違ってくると思いますが…。

 

とりまるは夏場でもゴム手袋を使用してマイクロファイバータオルを使っています。

とくに冬場はあかぎれにもなりやすいので、水で濡らしてマイクロファイバータオルを使う時はとくにゴム手袋も合わせて使うようにしています。

 

皮膚が弱いという方はゴム手袋を着用してマイクロファイバータオルを使うことをおすすめします

黄色以外の色もあればいいな…

黄色はどの作業場にいてもとても目立つので、

「あれー?マイクロファイバータオルどこいった?」

ってなることがなく、すぐに見つけることができます。

 

すぐに見つけられるってじつはとても重要で、探してる時間が作業時間に地味に影響するんですよね…。

 

あえて言えば、マイクロファイバータオルがもう1色くらいあれば作業用途別にタオルの色を変えて管理できるなって思うときがありますね。笑

網戸の掃除をマイクロファイバータオルを使ってのやり方

最後にマイクロファイバータオルを使った網戸の掃除のやり方についてです。

 

単純に水に濡らして適度に絞ったら網戸を拭くだけです。

マイクロファイバータオル以外には、水を入れておくバケツと手荒れ防止にゴム手袋があれば十分ですね。

 

ただし、網戸の掃除の際に注意点があります。

 

網戸の掃除の注意点
  • 拭くときは外側をまず拭いてあげる
  • 網戸を押すようにして拭かない

     

    です。

    網戸は外側に土埃などの汚れが付きます。なので外側から拭いてあげるとよいでしょう。

     

    また汚れをよく落とそうと網を押すように力を入れて拭いてしまいがちですが、網戸は押さえゴムというもので固定してあるだけなので意外と簡単に外れてしまいます

    あまり力を入れすぎずに適度な力で押さえるようにして拭きましょう。

     

    できればマイクロファイバータオルを2枚用意して両手で挟むようにして拭いてあげると、両面を同時に拭けて片側だけ網戸を押すことにならないので良いですね。

     

    網戸 汚れ 原因

     

    網戸の掃除の仕方については、どうやればよい?網戸の掃除の方法!プロの技を伝授!網戸の掃除の仕方にてご紹介してますのでよろしければ読んでみてください。

    まとめ

    というわけで今回は手軽に網戸の掃除がしたいときにおすすめなカークランドのマイクロファイバータオルについてでした。

     

    おさらいです。

     

    カークランドのマイクロファイバータオルについて
    • 汚れをよく落とし、耐久性・吸水性も高い
    • 2,000円くらいで36枚入り、なおかつ丈夫で長持ちなのでコスパ抜群。
    • プロも愛用する信頼の高さ
    • 網戸の掃除で使う時はゴム手袋の使用を推奨

     

    網戸の掃除ってなかなか手をつけづらいですが、じつはそんなに手間を掛けずに短時間で終えられます。水に濡らして拭くだけのマイクロファイバータオルでの掃除はおすすめです。

     

    きれいな網戸で快適な風を楽しみましょう!

    お問い合わせ・お見積り




      網戸の取り替え襖の取り替え内装工事その他



      お電話メール


      ※「お電話にて」を選択された場合は、ご希望の日時をお願いします。尚、指定したとしても確実に対応できるかはお約束できない点はご了承ください。

      おすすめの記事