網戸のゴムのサイズの選び方

私、網戸張替のときにどのサイズのゴムを使えばいいのかわからなくて…

古いゴムと同じサイズならいいとは思うけど・・・

という話をdiyの初心者からよく聞きます。

 

このゴムというのは何かというと

網戸の枠にネットを固定するときに使う押さえゴムのことなのですが、網戸の張り替えにおいてはかなり重要なものなんです。

 

網戸張替で最適な押えゴムのサイズを使わないといけない理由

 

張り替えたネットがはがれてくる

 

たとえば、網戸を張り替えた後に押えゴムがとれてきたり、張り替えたはずの新しい網がはがれてくることがあります。

それはもしかすると使っている押えゴムのサイズが網戸の枠の溝にあっていないのかもしれません。

たとえ古いゴムと同じサイズを選んだとしても網戸の枠の溝にサイズがあわないことがあるんです。

それはなぜかというと、

押えゴムが古くなってくると弾力がなくなり縮んで細くなるからです。

だからサイズがあわなくなりネットがはがれるわけです。

古くなって縮んで細くなった押えゴムにサイズをあわせると本来のものとは違うサイズになってしまうわけです。

 

張り替えるネットの種類によって押えゴムのサイズが変わる

 

あまり知られていないようですが、網戸用のネットにもいろいろな種類があります。

当然、

ネットの種類によりネット自体の繊維の太さが変わります。

 

ペット用のネットなんかは樹脂製でかなり太いです。押えゴムのサイズもあわせて少し細めにします。

30メッシュ以上になると網の繊維が細くなるので、押えゴムのサイズは太めにします。

また、

グラスファイバーのような強い素材のネットは

ネットが押されるとゴムからはがれやすいです。

そのため、

太めの押えゴムでゴリゴリ入れます。

コツは押えゴムを少し引っ張りながら網戸ローラーで押し込んでいくことです。

入れづらいときにはシリコンスプレーやグリスを使うことをおすすめします。

 

 

張り替えが楽になる

網戸のローラーnw

通常、網戸ローラーで押えゴムを押し込んでいきます。

押えゴムのサイズが細すぎると入れるときはスムーズですが、ネットがしっかり固定できずに動いてしまいます。

また、

ゴムのサイズが太すぎるとなかなかゴムが入っていかず、手が疲れます。ゴリゴリ入れるとネットが切れてしまうこともあります。

 

ぴったりの押えゴムのサイズを使うことでネットの固定がしっかりでき、パンと張れたキレイな仕上がりになります。

 

網戸張り替えの最後にカッターを使い、余分なネットをカットしていきます。

とりまる的にはオススメなのは職専と書かれたオルファの黒い刃のカッターです。

よく切れますよ。

 

ネットを押えゴムでしっかり固定することにより、余分なネットのカットもやりやすくなります。

 

これで、あなたも網戸張り替え通になれます!

網戸張替に使う押さえゴムのサイズはたくさんある

押えゴムを角に入れる

よくホームセンターなんかで売られている押さえゴムのサイズは

  • 3.5mm
  • 4.5mm
  • 5.5mm
  • 6.5mm

になります。

大きめのホームセンターだと2.8mmのものもあります。バナナのように剥いてゴムのサイズが変わるものもあるようです。

だいたい7mで1袋になって売っています。切り売りをしているお店もあります。

 

だけど、実はこれだけではないんです。

特注品にはなりますが押えゴムのサイズを0.1mm単位で作ることができます。

 

特殊なネットや古すぎる網戸には特注品の押えゴムのサイズを使うことがあります。

ただ、こういったものはプロに任せることをおすすめします。

 

押えゴムのサイズの簡単な見分け方

 

じゃあ、どうすればぴったりの押えゴムのサイズがわかるのでしょうか。

1番いいのは実際に網を固定してみること

ですね。

固定する箇所は少しでいいんです。

固定してある状態で押えゴムを引っ張ってみてください。

ゴムが動かなければぴったりのサイズだと言えます。

細ければ押えゴムだけ動きます。

太ければ網戸の溝に入っていきません。

 

また、

購入する前であれば実際に網戸枠の溝の幅をノギスや定規で測ってみるのもいいですね。

確実というわけではないのですが、

ある程度の目安になります。

 

まとめ:押えゴムは実際に固定してみるべき

  • 古い押えゴムは縮んでいる
  • ネットの種類によって使う押え押えゴムのサイズが違う
  • 網戸の枠の溝を図っても確実ではない
  • 押えゴムがちょうどいいサイズだと張り替えが楽になる
  • 実際にネットを少し固定して判断するのが確実

と言うことになりました。

もし、diyで網戸を張り替える予定で迷っている人がいれば、

押えゴムを購入する前に網戸の枠の溝を図ることをおすすめします。

それは、

実際に新しいネットを押さえゴムで固定して判断することができれば確実なのですが、

そこまではできないこともあるからです。

要は、

繊維の太さが違うような特殊なネットを張らなければ

  • 古い押えゴムより少し太めにする
  • 溝の幅を図りなるべく近いサイズのものにする

これだけでも十分に対応ができそうです。

では、良い網戸生活を。

 

お問い合わせ・お見積り




網戸の取り替え襖の取り替え内装工事その他



お電話メール


※「お電話にて」を選択された場合は、ご希望の日時をお願いします。尚、指定したとしても確実に対応できるかはお約束できない点はご了承ください。

おすすめの記事