障子
今回は幅広サイズの障子の張り替えです。
先日、知り合いから見積りを頼まれたんです。

障子
LINEで画像が送られてきましたが、
どうみても幅広サイズなんです。
しかも、
大荒間障子と言われるもの。
要は紙の露出が多いものといえばいいのかな。
案の定、下の紙が破れてるし。
足で蹴ってしまったり、何か物が当たるとすぐ破けてしまう。
まあ、紙ですから、仕方がない。
知り合いから
「強い紙がいい!」
と言われたけど、
よく使われる某メーカーのものだと張り替えたあとに、かなり反りやすい。
かーなーり反りやすい
前に、似たような案件で、張り替えたあとに反ってしまいクレームをもらったことがあったんです。
昔、そのメーカーの人(営業課長だったかな?)に
「幅広の障子にウチの製品は使わないでくれ!」
と言われました。
え!?
でも
幅広サイズの障子紙ありますよね?
はい。
やっちまいました。
そう言われる前にすでにロールで在庫してました。
結構するのに
ダメもとで
「幅広用だったら使ってもいいんじゃないの?」
と聞くと、ダメと言われました。
じゃあ、
なんでこんな製品作ったの?
他のメーカーのものを使うようにしました。
それは、
モルザというメーカーの
「破れにくい紙」
こっちに変えてからクレームはないですね。
ただ、
今回の障子は強い紙には向いていません。
なぜなら、中桟の本数が少ないため
強い紙に引っ張られて反るからです。
だから
個人的にオススメなのは
普通の障子紙を貼ってマメに張り替えること
ですね。
格安品だと規格がないのでツギハギになってしまうし
シワも入りやすい。
なにより、
すぐ破ける。
だから
普通の障子紙で規格があるものを一枚張りして
3年から5年ぐらいで張り替えて欲しいんです。
お問い合わせ・お見積り




網戸の取り替え襖の取り替え内装工事その他



お電話メール


※「お電話にて」を選択された場合は、ご希望の日時をお願いします。尚、指定したとしても確実に対応できるかはお約束できない点はご了承ください。

おすすめの記事